うつ 休職

 

うつ病で休職する知恵袋

うつ病は、思い切った休養をとることで、大きく改善されます。
長期間の休養をとるために、休職という選択もありです。

 

ただ、そのとき考えないといけないのが、
どうしてうつ病になったのか?
なんですね。

 

疲れが溜まりすぎた為にうつ病になってしまった場合

休職をして、長期休暇をとり、
軽い運動をしながら好きなことをしているだけでも、
うつ病は治るでしょう。

 

問題は「栄養不足」によって引き起こされたうつ病です。
栄養不足によるうつ病の場合、休んでいるだけではうつ病は治りません。

 

栄養不足が原因でうつ病になってしまった場合

栄養不足が改善されないと、
睡眠の質の低下、ストレス耐性の低下など、
本来の体調ではなくなっているため、回復が遅れるどころか、
一時的に治ったように感じても、すぐにうつ病を再発してしまいます。

 

根本的に治すには、栄養不足を改善することが大切です。
うつ病を早く治すためにも、必要な栄養素をしっかりとっておきましょう!

 

 

うつ病の正しい知識を学ぶのに最適なマニュアルをご紹介します。

 

 


薬も心理療法もやめられた!画期的な治療法!

 

 

薬も心理療法もやめられた画期的なうつ病克服法を伝授します。心と体から根本的に治すこの治療法を実践すれば、うつ病の改善と再発の予防をすることが可能になります。

 

【荒木式】うつ病克服プログラム〜うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ〜

 

 

鬱状態で仕事も行けず休職はいつまでできるのか、と不安になりますよね。

 

鬱状態ならしかりと休職したほうが鬱状態は確実によくなります。
ただ心配しちゃうんですよね、安心してゆっくり遊んでたほうが鬱状態はよくなりますよ

 

うつ状態はストレスが溜まりすぎて耐えきれなくなり、脳が疲れ果ててうまく働けなくなった状態が「うつ病」なのです。
うつ状態が悪化すると自信がますます無くなっていきます
このまま頑張り続けても悪循環に陥るばかりで、良いことは一つもないのです。

 

うつ状態でも安心して休職するには・・・
まずは自分が休職できるかどうかを知りたいなら、勤めている会社の就業規則をチェック。
休職期間中のマイナスは給料が減り、社内キャリアが遅くなることくらいです

 

 

休職中は傷病手当金を支給期間は最大1年6ヶ月、6割も休職しながらもらえるんです。
あきらめないでください

 

定められた休職期間内にきちんと回復すれば、必ず復帰できます
まず上司に「うつ病と診断されたため、休職したい」と相談してみましょう

 

派遣やバイトやパートでも会社の健康保険に2ヶ月以上入っていて、働いている契約期間内に、うつ病を理由に連続で3日以上欠勤した場合は傷病手当金をいただけるので相談してみましょう

 

うつの原因はいろいろありますがこんなことも原因なんです、解決法を知りたいかたはここをみてくださいね↓